矯正歯科で使用する器具

矯正歯科で使用する器具 矯正歯科で歯並びや噛み合わせを矯正するための器具には様々なものがあります。個人個人で歯並びや噛み合わせは違いますし予算に応じても矯正歯科での治療方法が変わってくるからです。幼少時の矯正でよくイメージされるのは口を開けた時に見える銀色の針金状のものではないでしょうか。名称はメタルブラケットと呼ばれているものです。ブラケットタイプにも種類がありプラスチックでできているものとセラミックでできているものがあります。

このタイプのものは銀色のタイプにくらべると目立ちにくいというメリットがあります。セルフライゲーションブラケットは前述のものよりも摩擦する力を弱めています。歯の表側に器具がついているのが嫌だという方のためには、歯の裏側に取り付けることのできるリンガルブラケットがあります。取り外しのできるタイプのものとしてマウスピースタイプもあります。一般的にこのタイプは苦痛が少なくなっています。それぞれの型にはその材質からなるメリットとデメリットが存在していてメタルブラケットは目立ちますが金属なので壊れにくくて丈夫です。

矯正歯科での治療の効果は見た目だけでなく口内環境も良くなる

矯正歯科での治療の効果は見た目だけでなく口内環境も良くなる 矯正歯科の治療の効果は見た目が綺麗になることと、虫歯や歯周病になるのを抑えられます。
良い効果も大きいので気になる場合には早めに治してみましょう。
特に子どものときの場合には短い期間で終了するので、料金に関しても安く抑えられます。
歯並びについてはコンプレックスを抱えている人も多いのですが、矯正の治療をすることで歯が動いて綺麗な歯並びになります。
虫歯や歯周病になりにくくなる理由は、歯並びが悪いと歯と歯の隙間が広くなって食べ物のカスが溜まりやすくなったり、歯磨きが上手くいかなくなるケースもあります。
その状態を放置していると、歯が抜ける原因になるので注意しましょう。
綺麗な歯並びになると隙間がなくなることで食べ物のカスが溜まらなくなり、口内環境が良くなって歯周病菌が増えにくくなります。
矯正歯科では事前にその人に合った方法を提供してもらえるので、見た目が気になる場合や期間についても納得した形で開始できます。