矯正歯科と歯並び

矯正歯科と歯並び 近年顎が小さい若者が増え、出っ歯や受け口、八重歯といった歯並びにコンプレックスを持っている人は少なくありません。
笑う時に思いっきり笑えない、いつも口元を隠してしまうなど人それぞれです。
矯正歯科では、そんな患者さんの悩みの相談から治療が始まっていきます。
どこが一番きになるのか、一番治したいところはどこなのかしっかり話を聞いていきます。
歯並びが変わるだけで、口元や唇にも影響します。
また、食事の際に綺麗に食べられるようになったり、口が閉じづらかったのが改善されたりとたくさんのメリットがあります。
コンプレックスがなくなると、笑顔も自然と美しくなり、他人から見られた時の印象も大きく変わってきます。
自信がなさそうに見えたのが、堂々として見られるようになったりと人間関係にも大きく影響がします。
気になるようでしたら、一度矯正歯科に相談してみるのが良いでしょう。
初診相談に応じてくれる医院も多いので、気軽に尋ねてみることをお勧めします。

矯正歯科で歯並びを治療するためのメリット

矯正歯科で歯並びを治療するためのメリット 歯並びが悪くても、見た目だけの問題だから放置していると言う人が非常に多いです。
確かに矯正歯科の治療は健康保険が適用にならないので、費用は高くなり避ける人もいるでしょう。
しかし、実は見た目以上に様々な問題があります。
まず、キスをする習慣のない日本ではそれほど口元に意識が向きませんが、八重歯などは欧米でドラキュラと言われていて決していいイメージではありません。
国際化が進む中で第一印象を悪くしてしまいます。
さらに、デコボコした歯並びは歯磨きが難しくなるので虫歯や歯周病になりやすくなります。
舌の位置も変わってきますので、発音や咀嚼にも影響が出ます。
きちんと噛まないことで、胃腸への負担も高くなることが分かっています。
ですから、矯正歯科の治療を受けることで得られるメリットは見た目の改善だけではなく、発音やお口の病気になりにくいといったことにつながるのです。
きちんと噛めることで体への負担も経験することができます。